2015年 11月 04日 ( 1 )

b0171771_04361248.jpg
浦幌町コスミックホール=2012年6月撮影

 10月20,21日,徳島県で企業誘致や空き家再生などに取り組む専門家3氏による 地方創生特別講演 が,浦幌町コスミックホールを主会場に開かれました。
 町と町商工会,うらほろスタイル推進協議会の共催で開かれ,町民約200人が先進的な取り組みを学びました。

浦幌町役場=2012年6月撮影浦幌町役場
 

 十勝毎日新聞が, 「200人が先進事例学ぶ 浦幌・地方創生講演会」 と伝えています。


 【浦幌】徳島県で企業誘致や空き家再生などに取り組む専門家3氏による地方創生特別講演がコスミックホールを主会場に開かれ,町民約200人が先進的な取り組みを学んだ。

 町と町商工会,うらほろスタイル推進協議会の共催で10月20,21日に開かれた。

 初日は徳島の神山町で空き家再生プロジェクトなどを行っている建築家の坂東幸輔氏が講演。「過疎を楽しむことが重要。B級グルメやゆるキャラではなくおもしろい人を見いだすこと」と語り,空き家にサテライトオフィスを呼び込むことで人が集まり,飲食店や宿泊施設ができた神山町の事例を紹介した。

   -略-

 浦幌町の地方創生アドバイザーを務める祁答院弘智氏は「地方創生といわれるが,地方から日本創生を。あしたの一歩と1年後のゴールを考えよう」と語った。(広橋基嗣通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月01日19時30分の記事


[PR]