2015年 10月 13日 ( 1 )

b0171771_19382292.jpg
参考写真:エゾシカ=塘路駅付近、2006年4月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%82%B7%E3%82%AB


 10月9日,帯広市議会定例会は,農林水産業費を審議し, 昨年度有害鳥獣駆除で エゾシカを393頭捕獲 したことを報告しました。
 2012年度と比較して100頭以上増加した一方,有害鳥獣被害額は昨年度9452万円で,前年度まで続いた1億円を割りました。
 背景に捕獲成功報酬が従来の市とJAの5000円に,国の緊急補助による8000円が加わったことがあり,農村振興課は「ハンターの捕獲意欲が伸びたのが理由とみられる。」と答弁しました。

b0171771_19424749.jpg
帯広市議会(帯広市役所
)=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「エゾシカ393頭捕獲 被害額1億円割れ 市の昨年度有害駆除」 と伝えています。

 帯広市議会定例会は9日午前,農林水産業費を審議した。市は昨年度,有害鳥獣駆除でエゾシカを393頭捕獲したと報告した。

 2012年度と比較して100頭以上の増加。一方,有害鳥獣被害額は昨年度9452万円で,前年度まで続いた1億円を割った。背景に捕獲成功報酬が従来の市とJAの5000円に,国の緊急補助による8000円が加わったことがあり,農村振興課は「ハンターの捕獲意欲が伸びたのが理由とみられる」とした。横山明美氏(市政会)への答弁。

   -略-
(安田義教)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月09日13時51分の記事


[PR]