2015年 10月 09日 ( 1 )

b0171771_03550990.jpg
本別町市街=2015年8月撮影

 10月8日,日本の東の太平洋上を北上する超大型(強風域が半径800km以上)の 台風23号の影響 で十勝地方は,強い雨と風に見舞われ,屋根が飛ばされるなど建物への被害や停電が発生した。また,交通機関にも大きな乱れが出ています。
 帯広測候所によると,降り始めから8日正午までの雨量が最大となったのは,陸別町小利別で44.5mm,陸別,更別で37.5mmを記録しました。
 最大瞬間風速は,本別で31.1m,足寄で28.8m,広尾で27.6mになりました。
 上士幌町の三国峠では台風の影響で北風が吹いたこともあり,8日早朝から雪が降った。


b0171771_03480271.jpg
参考写真:三国峠展望台(上士幌町)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%B3%A0_(%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93)


 十勝毎日新聞が, 「建物被害や停電も 三国峠に雪,本別で風速31メートル 台風23号」 と伝えています。


 日本の東の太平洋上を北上する超大型(強風域が半径800キロ以上)の台風23号の影響で十勝地方は8日,強い雨と風に見舞われ,屋根が飛ばされるなど建物への被害や停電が発生した。また,交通機関にも大きな乱れが出ている。

 帯広測候所によると,降り始めから8日正午までの雨量が最大となったのは陸別町小利別で44・5ミリ,陸別,更別で37・5ミリを記録した。最大瞬間風速は本別で31・1メートル,足寄で28・8メートル,広尾で27・6メートルとなった。

 JR北海道によると,8日の特急スーパーおおぞら(札幌-釧路間)は全区間で12便が運休し,根室線の池田-釧路間も終日運転を見合わせる他,道道の一部で通行止めとなっている。空の便も日本航空(JAL)の帯広-東京線が8便で運航を取りやめた。

 同測候所によると雨は8日夜までにはやむとみられるが,強風は9日いっぱい警戒が必要。降雨による土砂災害にも注意を呼び掛けている。

 上士幌町の三国峠では台風の影響で北風が吹いたこともあり,8日早朝から雪が降った。気象庁によると,台風23号は正午に温帯低気圧に変わったが,北海道では引き続き厳重な警戒が必要としている。(大谷健人)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年10月08日13時33分の記事


[PR]