2015年 07月 07日 ( 1 )

十勝清水牛玉ステーキ丼メニュー=2014年8月撮影

 開発型グルメの全道一を決める「新・ご当地グルメグランプリ北海道in苫小牧」が5日閉幕し,来場者は「味」「価格満足度」「人気度」の3要素を評価して投票し, ①人気度部門 ②コストパフォーマンス(価格満足度)部門 ③味部門 ④総合部門の4部門で順位が決められました。
 清水町の 「十勝清水牛玉ステーキ丼」が3部門全てで1位を獲得し,総合3連覇 を果たしました。
 芽室町の「十勝芽室コーン炒飯」が総合4位に入賞しました。
 苫小牧でのグランプリは7月4,5日の2日間,苫小牧西港北埠頭のキラキラ公園で開かれ,十勝管内の清水,芽室,大樹の3町をはじめ,計12地域のグルメが出店しました。
 来年は7月2,3日に大樹町の多目的航空公園で開かれることが発表されました。十勝管内での同大会開催は,2013年の芽室以来2回目となります。


b0171771_04412570.jpg
苫小牧西港北埠頭・キラキラ公園=2012年5月撮影


 2014年の夏,私(ブログ作成者)は十勝に帰省の折,清水町に立ち寄りました。その折,話題の「十勝清水牛玉ステーキ丼」を試食しようと思ったのですが,都合でいただくことができませんでした。上の写真が,丼の実物ではなくメニューなのは、そのためです。
 次回の帰省の折には,必ず,噂の味を確かめてみたいと思っています。

 十勝毎日新聞が, 「十勝清水牛玉ステーキ丼が総合3連覇 『新・ご当地グルメグランプリ北海道in苫小牧』閉幕」 と伝えています。


【苫小牧】開発型グルメの全道一を決める「新・ご当地グルメグランプリ北海道in苫小牧」が5日閉幕した。清水町の十勝清水牛玉ステーキ丼が総合3連覇を果たし,芽室町の十勝芽室コーン炒飯が総合4位に入賞した。また,来年は7月2,3日に大樹町の多目的航空公園で開かれることが発表された。十勝管内での同大会開催は2013年の芽室以来2回目となる。

 苫小牧でのグランプリは4,5日に苫小牧西港北埠頭のキラキラ公園で開かれ,十勝管内の清水,芽室,大樹の3町をはじめ,計12地域のグルメが出店した。提供食数の「人気度」や食べた人が採点する「味」「コストパフォーマンス」の3部門で順位を決め,総合成績を発表した。

 牛玉丼は3部門全てで1位を獲得し,完全優勝の形で有終の美を飾った。3連覇したことで大会規定で次回からは審査・表彰対象から外れる。

 牛玉丼地域活性化協議会の野崎勝敏会長は「50人を超える町民ボランティアスタッフ,十勝若牛などの素材の生産者をはじめ,清水の皆さんのおかげ。ぜひ清水に足を運んで牛玉丼を食べてほしい」と喜んでいた。(深津慶太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年07月05日19時32分の記事


[PR]