2015年 07月 01日 ( 1 )

b0171771_21172305.jpg
アイヌの民族衣装を着た依田勉三
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/09/Benzo_Yoda_wearing_Ainu_Dress.JPG

 晩成社を率いた 帯広開拓の祖・依田勉三の没後90年 に当たる今年,十勝では勉三の功績をたたえ,後世に伝えようと文化的催しが相次いで企画されています。
 7月4日,十勝の郷土史研究家ら有志による「依田勉三を語る会」は,帯広のとかちプラザ2階視聴覚室で講演会「依田勉三の歩みを語る」を開きます。講師は晩成社や勉三を研究し,今年,「流転・依田勉三と晩成社の人々」を出版した吉田政勝さんです。十勝では語られることの少ない函館時代なども含め,勉三について語る予定です。


 十勝毎日新聞が, 「没後90年『帯広開拓の祖』伝える催し続々」 と伝えています。


 【帯広】晩成社を率いた帯広開拓の祖・依田勉三(1853~1925年)。没後90年に当たる今年,十勝では勉三の功績をたたえ,後世に伝えようと文化的催しが相次いで企画されている。

 十勝の郷土史研究家ら有志による「依田勉三を語る会」(嵯峨山俊幸代表)は7月4日午後2時から,帯広のとかちプラザ2階視聴覚室で講演会「依田勉三の歩みを語る」を開く。講師は晩成社や勉三を研究し,今年,「流転・依田勉三と晩成社の人々」を出版した吉田政勝さん(芽室町在住)。十勝では語られることの少ない函館時代なども含め,勉三について語る。

 吉田さん,嵯峨山さんは「没後100年に向け,90年という節目をきっかけにしたい」とし,郷土史研究家らが意見交換することでさらに研究が活発になることを願っている。入場無料。午後1時半開場。

 一方,帯広出身で千葉県内でタクシー会社を営む大矢弘孝さんが代表を務める「帯広・松崎交遊倶楽部」は6月27日午後2時から,とかちプラザのレインボーホールで「大地蝦夷(えぞ)&ふるさと伊豆 絆コンサート」を開く。

 同会は帯広と勉三の出生地・松崎町をつなぐ活動をしており,コンサートには勉三と同じく静岡県出身のピアニスト江口純子さんを招く。江口さんは米ニューヨークのカーネギーホールでの演奏や,中国文化庁の招きで北京や瀋陽での演奏経験を持つ。また,江別市出身の茂呂剛伸さんも出演。縄文土器から着想し,自身が制作した土器による「縄文太鼓」を演奏する。
-略-
 依田勉三は1853年に伊豆国那賀郡大沢村(現・静岡県松崎町)で生まれた。1881年に北海道開拓のため,晩成社の代表発起人となって北海道に渡り,十勝の開拓のために尽力した。72歳だった1925年12月12日,中風(脳血管障害)のため,帯広の自宅でその生涯に幕を下ろした。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年6月26日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201506/20150626-0021315.php
b0171771_08304385.jpg
依田勉三の銅像。昭和26年(1951年)に再建されたもの。十勝支庁舎・帯廣神社・帯広柏葉高校と、十勝管内でも古い歴史をもつ施設が並ぶ地区の一角にある、中島公園に建立されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E7%94%B0%E5%8B%89%E4%B8%89#/media/File:Statue_of_Yoda_Benzo.jpg

[PR]