2015年 04月 20日 ( 1 )

b0171771_21100624.jpg
帯広畜産大学キャンパス=2014年8月撮影

 帯広畜産大学の新入生を対象とした羊の毛刈り実習が,音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場で行われています。
 学生たちは初めての体験に悪しながらもバリカンを手に実習に臨んでいる。
 畜産大1年生を対象とした羊や豚,馬などの動物と触れ合う全学農畜産実習の一環で,羊の毛刈りは2002年度から,ほぼ毎年実施し,今年度は共同獣医学課程と畜産科学課程の新入生255人が,4月13日からクラスごとに体験しています。


b0171771_21065201.jpg
参考写真:ヒツジ/出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%84%E3%82%B8#/media/File:Flock_of_sheep.jpg


 十勝毎日新聞が, 「羊じたばた 毛刈りに汗 帯畜大新入生」 と伝えています。


 【十勝】帯広畜産大学(長澤秀行学長)の新入生を対象とした羊の毛刈り実習が,音更町駒場の家畜改良センター十勝牧場で行われている。学生たちは初めての体験に悪戦苦闘しながらもバリカンを手に実習に臨んでいる。

 同大1年生を対象とした羊や豚,馬などの動物と触れ合う全学農畜産実習の一環。羊の毛刈りは2002年度から,ほぼ毎年実施し,今年度は新入生(共同獣医学課程,畜産科学課程)255人が13日からクラスごとに体験している。

 14日は畜産科学課程の学生42人が参加。同牧場の業務第2課の河野博英さん(57)が毛刈りの実演を披露した後,6グループに分かれて実習。羊の体重は大きいもので約70キロあり,学生たちは時折,足をじたばたさせて暴れる羊に苦戦しながら,担当者の手を借りてあおむけに固定。皮を傷つけないよう慎重にバリカンを動かすと,白く柔らかな羊毛が現れた。最後は刈り取った毛の重さを計測した後,手で汚れを取り袋に詰めた。
   
 羊の毛刈りは22日までで,4月下旬からは同大で豚の飼育から加工までの実習が行われる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年4月15日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201504/20150415-0020812.php


[PR]