2015年 02月 07日 ( 1 )

b0171771_19370601.jpg
上写真:オンネトー(後方は雌阿寒岳)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%BC#mediaviewer/File:Onnneto.jpg

 2月4日,世界自然遺産の国内候補地選定を進めている環境省は,足寄町内のオンネトーを含む阿寒・屈斜路・摩周地域」 について,「世界遺産としての可能性は認められなかった」とする現地調査結果を公表しました。 同地域は2014年度,阿寒湖のマリモや世界最大級の二酸化マンガン鉱床生成地「オンネトー湯の滝」が国内候補地となり,昨年夏,環境省や専門家による調査が行われました。

b0171771_19373027.jpg
下写真:湯の滝(黒っぽいものは酸化マンガン)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%BC#mediaviewer/File:Yunotaki_fall.JPG

 十勝毎日新聞が,「世界遺産対象外に 阿寒・オンネトー」 と伝えています。
 【足寄】世界自然遺産の国内候補地選定を進めている環境省は4日,足寄町内のオンネトーを含む「阿寒・屈斜路・摩周」地域について,「世界遺産としての可能性は認められなかった」とする現地調査結果を公表した。  同地域は2014年度,阿寒湖のマリモや世界最大級の二酸化マンガン鉱床生成地「オンネトー湯の滝」が国内候補地となり,昨年夏,同省や専門家による調査が行われた。  報告書によると,「オンネトーの滝」は科学的価値は高く評価されたが,「地球上で最も顕著な自然の地域ではない」と結論付けた。ただ,同地域全体の生物多様性について「さらに研究が進めば,見直しに役立つかもしれない」とし,候補地に再浮上する可能性を示唆した。  安久津勝彦町長は「期待していただけに残念。引き続き,選定に向けた取り組みを進める釧路市と連携を密にしていきたい」と話した。道内では「日高山脈」も候補地に選定されていたが同様に対象外となった。(鈴木裕之)

以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年02月日05時11分07の記事

[PR]