2015年 01月 07日 ( 1 )

b0171771_12140977.jpg
写真:清水町図書館・郷土資料館=2014年1月撮影

 清水町図書館は,「読めば幸せやってくる 寿春」と題して 本が3冊入った福袋 を用意し,年明け7日から貸し出すを行います。
 1990年に開館し,今年25周年を迎えた図書館館の記念企画の第1弾として実施されます。


 十勝毎日新聞が, 「『本の福袋』を貸し出し 清水町図書館」 と伝えています。


 【清水】町図書館(市川優一館長)は,「読めば幸せやってくる 寿春」と題して本が3冊入った福袋を用意し,年明け7日から貸し出す。

 1990年に開館し,今年25周年を迎えた同館の記念企画の第1弾。

 同館の3人の司書が「ほっこり幸せ」「初笑い確約」「ちょっぴりコワイ? なんか妖怪(ようかい)?」「目からうろこ 豆知識」などをテーマに選択した本3冊を詰め込んだ福袋を大人向け,子供向け合わせて30セット用意した。

 年明けの開館日に合わせて展示コーナーに置く。同館の村越亜里紗さんは「中身は秘密。気になるテーマの福袋を利用してもらえれば」と話している。(大野篤志)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月30日23時00分の記事


[PR]