2014年 12月 12日 ( 1 )

b0171771_18170291.jpg
写真:おびひろ動物園入口=2014年1月撮影


 12月6日, おびひろ動物園の冬季営業 が,スタートしました。
 この日を待ちわびた家族連れらが訪れ,寒さに負けず元気いっぱいの動物たちに歓声を上げました。ペリカンの飼育舎に入って間近で観察する小学生たちがいました。
 冬季営業は来年2月28日までの土・日曜,祝日で,氷まつり期間の2月6日は開園する予定です。


 十勝毎日新聞が, 「おびひろ動物園冬季営業スタート,白い息はく動物に歓声」 と伝えています。


 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2,高橋利夫園長)の冬季営業が,6日午前11時にスタートした。この日を待ちわびた家族連れらが訪れ,寒さに負けず元気いっぱいの動物たちに歓声を上げた。

 開園時の市内の気温はマイナス2・5度。よく晴れて風もなく,来園者は「思ったより寒くなく,過ごしやすい」(市内の39歳女性)と,ゆっくりと園内を巡っていた。

 1964年にやってきたインドゾウのナナ(雌,推定53歳)は,白い息を吐きながら日光浴をしていた。小学生の一日飼育体験も行われ,10人がエゾシカやペリカンに餌を与えた。
  -略-
 冬季営業は来年2月28日までの土・日曜,祝日(氷まつり期間の2月6日は開園)。時間は午前11時~午後2時。(酒井花)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年12月06日13時16分の記事


[PR]