2014年 12月 06日 ( 2 )

b0171771_20531408.jpg

参考写真:マンゴー(アーウィン種の果実)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC#mediaviewer/File:Carica_papaya_1_(Piotr_Kuczynski).jp

 12月2日,音更マンゴーの収穫ピークを迎えている「ノラワークスジャパン」の音更町下士幌の温室に,マンゴーの産地で有名な 宮崎県の生産者ら4人が視察 に訪れました。メンバーは,宮崎県果樹振興協議会亜熱帯果樹部会の河野英利会長ら生産者3人と日南市のJAはまゆう営農指導課の金丸祐貴主幹です。
 「ノラワークスジャパン」は今年,約1800個の収穫を計画しており,本格的な出荷が初めての年。サイズ・品質の面で最高の等級が見込める実もあり,視察した生産者は出来栄えに感心していました。


 十勝毎日新聞が, 「マンゴーの出来は… 宮崎県から視察」 と伝えています。


 【音更】マンゴーの収穫ピークを迎えている「ノラワークスジャパン」(帯広市,中川裕之社長)の音更町下士幌の温室に,マンゴーの産地で有名な宮崎県の生産者ら4人が視察に訪れた。同社は今年,約1800個の収穫を計画しており,本格的な出荷が初めての年。最高の等級(サイズ・品質)が見込める実もあり,視察した生産者は出来栄えに感心していた。

 同県果樹振興協議会亜熱帯果樹部会の河野英利会長ら生産者3人とJAはまゆう(同県日南市)営農指導課の金丸祐貴主幹が2日に訪れた。同社は4年前にマンゴー栽培に取り掛かり,宮崎県の農家らに栽培指導を受けてきた。

 外気が氷点下に近い中でも,温室は太陽光やモール温泉熱,さらに補助暖房を活用して室温は25~28度に保たれている。実ったマンゴーには,大きい物で1個900グラム以上のものも見込まれ,視察者は「これは5L(最高ランク)になりそうだ」と話していた。

 9月にも摘果を指導するために訪れていた河野会長は「立派な実をならせることができた。(果実の)表皮のきめが細かくきれい。(本格的な)出荷1年目でこのレベルなら今後が楽しみ」と,さらなるレベルアップに期待していた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月12日 13時58分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141212-0019893.php


[PR]

写真:ぬかびら源泉郷スキー場=2014年8月撮影

 12月1日,十勝管内スキー場のトップを切って,上士幌町の ぬかびら源泉郷スキー場の 合宿向けコースがオープン しました。
 ぬかびら源泉郷スキー場では,11月15日から人工降雪機6台をフル稼働させ,競技者向けに圧雪して,昨年に比べ1週間早いオープンとなりました。


 十勝毎日新聞が, 「待ちわびたシュプール ぬかびら源泉郷スキー場」 と伝えています。


 【上士幌】管内スキー場のトップを切って1日午前,ぬかびら源泉郷スキー場(石田稔弓支配人)の合宿向けコースがオープンし,道外からのスキーヤーが初滑りを楽しんだ。

 同スキー場では11月15日から人工降雪機6台をフル稼働させ,競技者向けに圧雪。「ここ数日は朝晩の冷え込みが続き,風もなかったため,作業が順調に進んだ」(石田支配人)といい,昨年に比べ1週間早いオープンとなった。

 この日は岩手県スキー連盟に所属する高校生から大学生まで27人が来場。午前9時にリフトが始動すると早速乗り込み,整備されたゲレンデに次々とシュプールを描いた。15年以上,同スキー場で合宿を行っている同連盟の松浦高行強化委員長は「思っていたより硬めのバーンで,滑りやすい」と話していた。

 一般向けのオープンは28日。今季はメンテナンスの関係で第2,第3リフトの運行が休止となり,スキー場正面のロマンスリフトと第1高速リフトだけを稼働させる。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年12月1日 13時55分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201412/20141201-0019816.php


[PR]