2014年 12月 02日 ( 1 )

b0171771_22265034.jpg

b0171771_22285898.jpg
写真左:日本ハム飯山裕志選手
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B1%B1%E8%A3%95%E5%BF%97#mediaviewer/File:NF-Yuji-Iiyama20130309.jpg

写真右:日本ハム中島卓也選手
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%8D%93%E4%B9%9F#mediaviewer/File:NF-Takuya-Nakashima20130309.jpg


 11月26日,足寄町の応援大使を務めるプロ野球北海道日本ハムファイターズの 飯山裕志選手 ,中島卓也選手の2選手 が,初めて来町し,足寄町民センターで トーク交流会が開催 されました。
 約300人の町民が拍手で迎える中,トークショーではそれぞれが今シーズンを振り返りました。


 十勝毎日新聞が, 「応援大使日本ハム飯山,中島選手交流会 足寄」 と伝えています。


 【足寄】町の応援大使を務めるプロ野球北海道日本ハムファイターズの飯山裕志,中島卓也両選手が26日,初めて来町し,町民センターでトーク交流会が開かれた。

 約300人の町民が拍手で迎える中,両選手が入場。トークショーではそれぞれが今シーズンを振り返った。飯山選手は「若手に負けないようしっかり準備して,さらに上を目指して頑張る」,中島選手は「開幕スタメンで全試合出場が目標」と来年の抱負も力強く語った。

 会場からの質問コーナーもあり,「来年守りたいポジションは」との問いに,2人が口をそろえて「ショート」と答え,会場の笑いを誘っていた。

 この後,安久津勝彦町長が,町特産のラワンブキ焼酎を2人にプレゼント,同球団足寄後援会の丸山勝由会長が歓迎のあいさつをし,町民に後援会の入会を呼び掛けた。

 両選手のサイン入りボールやレプリカユニフォームなどが当たる抽選会も行われ,参加した町民は来シーズンの両選手の活躍に期待を寄せた。両選手はこの日,足寄動物化石博物館で化石の発掘を体験したり,足型を取ったりした。

 応援大使は,同球団が地域振興を目的に北海道に移転した10年前から行っている。任期は1年で,管内では今年,足寄と鹿追が選ばれた。(鈴木裕之)

※関連写真の販売は選手が写っている写真以外に限ります。ご了承ください。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年11月28日06時30分の記事


[PR]