2014年 11月 02日 ( 1 )

b0171771_01401018.jpg
上写真:十勝清水牛玉ステーキ丼メニュー=2014年8月撮影

 今年の「新・ご当地グルメグランプリ北海道」で総合2連覇に輝いた「十勝清水牛玉ステーキ丼(牛玉丼)」と全国どんぶり選手権4位入賞を果たした「牛とろ丼」を一度に味わうことのできる “夢のコラボ丼”が誕生 し,11月1~30日の1カ月間,清水町内の飲食店5軒で味わうことができることになります。


 この夏,私(ブログ作成者)は帰省の折,清水町に立ち寄り,話題の「牛玉丼」を味わってみようとしたのですが,残念なことに願いが叶いませんでした。
 “夢のコラボ丼”のことを知り,ますますその思いを強くしました。機会があれば,ぜひ,ご相伴に与りたいと思います。


 十勝毎日新聞が, 「清水牛玉×牛とろ “夢のコラボ丼”登場 11月 限定」 と伝えています。


 【清水】今年の「新・ご当地グルメグランプリ北海道」で総合2連覇に輝いた「十勝清水牛玉ステーキ丼(牛玉丼)」と全国どんぶり選手権4位入賞を果たした「牛とろ丼」を一度に味わうことのできる“夢のコラボ丼”が誕生し,11月1~30日の1カ月間,清水町内の飲食店5軒で味わうことができる。

 牛玉丼は,前年(2013年7月17日~今年7月16日)の販売実績が2万7742食と,過去最高を記録するなど今や清水町を代表する料理として定着。

 町内の十勝スロウフード(藤田惠社長)が製造する牛とろフレークを使った牛とろ丼も今年,東京ドームで開かれた第5回全国どんぶり選手権ベスト4入りして人気急上昇中。11月1日に東京・丸の内で開かれるジャパンフードフェスタ2014地場もん国民大賞にも出品される。

 町内の飲食店でそれぞれ個別に提供されているが,利用者には「2つとも味わいたい」という要望が強く,十勝清水牛玉ステーキ丼地域活性化協議会(野崎勝敏会長)は2つを同時に食べられるようコラボ丼を企画した。

 11月の1カ月間,町内の5軒が協力。各店アベック丼,丼2個と提供スタイルは別々だが,価格は1580円で統一した。
   -略-
提供店は次の通り。
 清水ドライブイン展望レストランとかち亭(期間中いつでもOK),ごはん屋ゆめあとむ(1日5食),ドライブイン十勝(土曜日限定),飲み喰い処げんや(1日5食),いしぐらやカフェ(1日10食)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年10月29日14時10分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201410/20141029-0019550.php


b0171771_01585093.jpg下写真:牛トロ丼
参考:牛トロ丼

 牛トロ丼(ぎゅうトロどん)は丼物の一種。十勝スロウフードより製造販売される牛とろフレークをご飯の上にふりかけたもの[1]。温かいご飯の上にフレークを載せ、さらにネギや海苔などの薬味を載せ、醤油ベースのタレをかけて食す。
 当初は、生食用の牛肉を細かくミンチにされた冷凍食品であった。2011年に発生したユッケによるO-111集団感染事件後、改正された「生食用食肉規格基準」により提供が厳しくなった[2]が、生ハムの製造過程を取り入れる製造方法が確立され[2]以前とは異なる製品の非加熱食品となった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E3%83%88%E3%83%AD%E4%B8%BC


[PR]