2014年 08月 31日 ( 1 )

b0171771_23170547.jpg

 8月30日,「日本一運行時間が長い定期普通列車」として,鉄道ファンに人気のJR根室線の 滝川-釧路間を走る列車「2429D」 が,旧国鉄色の朱色の車両2両編成により1日限定で復活し,1本運行されます。
b0171771_23173988.jpg 通称「タラコ色」と呼ばれるジーゼルカー(気動車)2429Dは,滝川午前9時36分発,釧路午後6時3分着の列車で,308.4kmを8時間27分かけて走ります。


写真上:JR北海道2429D
http://nkifu.jp/photo/view?id=D6CB97FE
写真下:2429Dサボ(行き先表示)
http://nkifu.jp/photo/view?id=EEE1E55F
出典:いずれも「北の貴船」


 十勝毎日新聞が, 「『タラコ色』2連で復活 日本一運行時間長い普通列車」 と伝えています。


 【十勝】「日本一運行時間が長い定期普通列車」として,鉄道ファンに人気のJR根室線の滝川-釧路間を走る列車「2429D」が30日,旧国鉄色の朱色(通称「タラコ色」)の車両2両編成により1日限定で復活,運行される。

 2429Dは滝川午前9時36分発,釧路午後6時3分着の列車で,308.4キロを8時間27分かけて走る。今年3月までは毎月第4土曜日に朱色車両2両編成で運行していたが,車両繰りの関係などで廃止。今回,鉄道愛好家からの要望が高まっていたことから復活させる。朱色車両はJR北海道釧路支社管内に3両あり,毎日いずれかの路線で使用されているが,2両連結で走るのは珍しい。

 帯広駅には午後2時13分に到着し,同2時35分に出発する。また,滝川から釧路まで乗車した人には完全乗車証明書の発行もある。問い合わせはJR北海道釧路支社販売グループ(0154・25・1683)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年8月28日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140828-0019125.php


[PR]