2014年 08月 26日 ( 1 )

b0171771_03532982.jpg

写真:JA中札内村/2012年6月撮影


 日本一の枝豆生産地として知られる 中札内村で枝豆の収穫作業 が,8月25日始まりました。収量は平年並みの3800トンを見込んでいます。

 首都圏に住む私(ブログ作成者)は,テレビ東京番組「ガイアの夜明け」で、JA中札内村がフランス製の大型コンバイン3台を購入し,短時間で収穫作業を終え、品質の良い枝豆を海外に輸出していることを知りました。
 JA中札内村の頼もしい取り組みに,期待しています。


 十勝毎日新聞が, 「生産日本一の枝豆収穫 出来は良好」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------
 【中札内】日本一の枝豆生産地として知られる中札内村で25日,枝豆の収穫作業が始まった。昨年より3日早い。収量は平年並みの3800トンを見込んでいる。

 JA中札内村(山本勝博組合長)によると,今年は村内の農家100戸が昨年より20ヘクタール多い計350ヘクタールを作付けた。枝豆は大豆が熟す前に緑色の状態のまま刈り取らなければならず,同JAはフランス製の大型コンバイン3台を24時間態勢で稼働させ,短時間で作業を進める。作業は9月15日ごろまでに終える予定。

 初日午前中は協和東3線の田中伸和さん(37)の畑4ヘクタールで収穫が始まり,鮮やかな緑色の枝豆が次々とトラックに積み込まれた。

 夏の長雨の影響で変形や空ざやがあるものの,山本組合長は「寒暖の差が激しかった分,甘みが強く,味は例年以上にいい」と話している。中札内村の枝豆は,米国やロシア,シンガポール,香港,ドバイ,オーストラリアなど海外へも販路を拡大している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年8月25日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140825-0019107.php


b0171771_03541484.jpg右写真:塩ゆでした枝豆


参考:枝豆

 枝豆(えだまめ)は,未成熟な大豆を収穫したもの。エダマメとも表記される

概要[編集]
 枝豆という植物が大豆と別に存在する訳ではなく,大豆とは収穫時期が異なるだけで,植物としては同一である。ただし,普通に大豆として成熟させて収穫するのに適した品種,枝豆として未成熟時に収穫するのに適した品種は別個に存在し,枝豆向きの品種を成熟させてのち収穫する例は無い(種子を得る場合を除く)。
 日本や中国では大豆の代表的な食べ方のひとつである
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(写真も)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9D%E8%B1%86


[PR]