2014年 08月 14日 ( 1 )

b0171771_20351851.jpg
写真:りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台/2011年8月撮影


 8月13日午前9時ごろ、三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が、最も活発になる「極大」を迎え、十勝管内でも8月12日夜から13日未明にかけて、雲の切れ間を流れる星の姿が見られました。
 8月12日夜、りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台 では、 流星群の観望会 を開き、天文ファン約340人が、屋上に敷いた畳やシートの上で夜空を見上げました。


 十勝毎日新聞が, 「ペルセウス座流星群、陸別で観察 」 と伝えています。


 【陸別】三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が13日午前9時ごろ、最も活発になる「極大」を迎え、十勝管内でも12日夜から13日未明にかけて、雲の切れ間を流れる星の姿が見られた。

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台では12日夜に観望会を開き、天文ファン約340人が屋上に敷いた畳やシートの上で夜空を見上げた。午後10時半までの開館中は、雲に覆われて流星を観察できなかったが、閉館後、一時的にのぞいた晴れ間を複数の流星が横切った。

 同流星群は13日も見られるが、帯広測候所によると、十勝地方は同日夜遅くから14日未明にかけて、広い範囲で低い雲が出る見込み。同天文台では13日午後7時半から観望会を開く。問い合わせは同天文台(0156・27・8100)へ。
(丹羽恭太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年08月13日10時00分の記事

b0171771_14182227.jpg
写真:ペルセウス座流星群の放射点
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%BA%A7%E6%B5%81%E6%98%9F%E7%BE%A4#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Labeled-perseids.jpg


参考:ペルセウス座流星群
 ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%BA%A7%E6%B5%81%E6%98%9F%E7%BE%A4


[PR]