2014年 08月 11日 ( 2 )

b0171771_04051420.jpg
写真:道の駅「ステラ★ほんべつ」/2011年8月撮影

 本別町内に住む若者に出会いの場をつくろうと,町民有志が「本別出会いプロジェクト実行委員会」を発足させることになりました。
 第1弾として,8月28日、町農産物ものづくり館「ゲンキッチン」などで 婚活イベントを開催 する予定です。


 十勝毎日新聞が, 「28日に町民有志で婚活イベント 本別」 と伝えています。


 【本別】町内に住む若者に出会いの場をつくろうと,町民有志が「本別出会いプロジェクト実行委員会」(朝日基光実行委員長)を発足させた。第1弾として,28日午後6時半から町農産物ものづくり館「ゲンキッチン」(町北3)などで婚活イベントを開く。

 同プロジェクトは,朝日会長の他,主婦や道立農大教諭,会社役員ら6人で組織。「町内には多くの独身者がいるが,楽しい出会いの場は意外と少ない」(朝日会長)ことから,婚活イベントを開催する受け皿組織をつくった。

 管内ではJAや町農業委員会などが同種のイベントを開いているが,一般町民がイベントを企画・開催するのは珍しい。

 当日は「会おうよ,語ろうよ,イタリアンで!」と題して開催。町内のレストラン「チエゾウ」(南1)のシェフ黒田智恵子さんを講師に招き,「ゲンキッチン」で参加者が一緒にポモドーロ(トマト)スパゲティを調理する。この後,隣接する道の駅「ステラ★ほんべつ」の多目的ホールで,作った料理の試食会を開き,楽しく会食しながら交流する。

 対象は40歳ぐらいまでの独身男女。定員は20人程度。町内在住者が原則だが,町外からの参加も可能。会費は1500円。調理用のエプロンは実行委で用意する。参加の申し込みは22日まで。

   -略-

 申し込み,問い合わせは同実行委事務局の野田仁さん(090・3115・5864)へ。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/08月05日07時00分の記事


[PR]

b0171771_20582521.jpg
写真:平成22年の「本別ひまわり3000坪迷路」会場/2011年8月撮影

 8月10日、本別町の夏恒例の「ひまわり3千坪迷路」が開幕しました。
 今年の会場は、昨年の5割増の約1.5haで、実際は「4500坪迷路」になります。5月下旬に種をまいたヒマワリは背丈が2mまで伸び、鮮やかな黄色い花が満開です。


本別ひまわり3千坪迷路
◇ 期間:8月10日(日)~16日(土)
◇ 時間:午前9時~午後4時
◇ 会場:ひまわり牧場(本別町美里別東中)
◇ 入場料:無料


参考:本別ひまわり3千坪迷路チラシ(PDF)

http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/news/img/himawari2014.pdf


 十勝毎日新聞が, 「ひまわり迷路に家族連れ歓声 本別で開幕」 と伝えています。


 【本別】「本別ひまわり3000坪迷路」(本別ひまわり愛好会主催)が10日、町美里別東中地区で始まった。夏休み中の子供や大勢の観光客らが訪れ、大輪の花を付けた迷路を楽しんだ。16日まで。

 今年の会場は昨年の5割増の約1・5ヘクタールで、実際は“4500坪迷路”。5月下旬に種をまいたヒマワリは背丈が2メートルまで伸び、鮮やかな黄色い花が満開。

 早速、来場者が全長約2・5キロの迷路に挑戦。行き止まりや分かれ道に迷いながらゴールを目指した。

 この日は午前10時に特設ステージで開会式が行われ、同会の背戸田利光代表が「ゆっくりと楽しんでください」とあいさつ。高橋正夫町長、中川郁子衆院議員らが祝辞を述べた。

   -略-

 開場時間は午前9時~午後4時。期間中、ふれあいミニ動物園やトラクターほろ馬車などの他、特設ステージではカラオケ大会や歌謡ショーが開かれる。

 同迷路は2005年に町民有志でスタートし、今年9回目。道内外からの観光客も来場する、本別を代表する夏のイベントになっている。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年08月10日12時59分の記事


[PR]