2014年 07月 08日 ( 1 )

b0171771_05262664.jpg

写真:十勝川温泉付近の十勝川/2010年7月撮影


 7月6日,十勝に夏の訪れを告げる「第42回十勝川イカダ下り」が,十勝川で行われました。
 参加した56チーム約340人は青空の下,工夫を凝らしたイカダに乗り,オールをこいで涼を楽しみました。

 十勝毎日新聞が, 「自作イカダで納涼 『十勝川下り』に340人」 と伝えています。
-----------------------------------------------------------------------
 【十勝】に夏の訪れを告げる「第42回十勝川イカダ下り」(実行委主催)が6日,十勝川で行われた。参加した56チーム約340人は青空の下,工夫を凝らしたイカダに乗り,涼を感じながらオールをこいだ。

 コースは例年同様,すずらん大橋下流から音更町十勝川温泉の白鳥護岸までの約10キロ。スタート地点の同大橋の河川敷(音更側)には,看板や旗,風船などで装飾したユニークな手作りイカダが集合した。

 午前8時半に東日本大震災による被災者の鎮魂と復興の願いを込め,小さな紙風船を固形燃料で飛ばす「天燈(てんと)揚げ」を実施。色とりどりの天燈約150個が空に舞った。
-----------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年07月07日13時57分の記事


[PR]