2014年 07月 06日 ( 1 )

 7月5日,日本航空の帯広-中部国際空港線が8月1カ月限定の季節便として就航するのに合わせ 「名古屋おもてなし武将隊」が,帯広-名古屋線をPR藤丸前で名古屋観光の魅力をPRしました。
 戦国時代さながらの甲冑に身を包んだ武将の前田利家,加藤清正,前田慶次たちが繰り広げるダンスや殺陣を披露しました。


 十勝毎日新聞が, 「おもてなし武将隊,名古屋線をPR 帯広」 と伝えています。


 日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線が8月1カ月限定の季節便として就航するのに合わせ,「名古屋おもてなし武将隊」が5日,藤丸前で名古屋観光の魅力をPRした。戦国時代さながらの甲冑(かっちゅう)に身を包んだ武将たちが繰り広げるダンスや殺陣に,集まった人たちが盛んに拍手を送っていた。

 武将隊は名古屋出身の戦国武将が多いことから,観光PRを目的に結成され,普段は名古屋城などで活躍している。この日は正午と午後2時からの2回,前田利家,加藤清正,前田慶次役の3人が登場した。

 キャンペーンガール「キラッ都なごやメイツ」やJALの客室乗務員も加わって,名古屋城本丸御殿などの観光名所や,うなぎを使った「ひつまぶし」などのグルメを紹介した。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2014年07月05日12時49分の記事

b0171771_06581222.jpg

写真:とかち帯広空港日本航空受付カウンター/2014年1月撮影


[PR]