2014年 07月 05日 ( 1 )

  更別村の「さらべつすももの里」で収穫される スモモの実を使った かき氷」 の試作品が完成 しました。村が昨年収穫した実を洋菓子店「お菓子のニシヤマ」に提供し、約1カ月間をかけて作り上げました。
 評判は上々で、販売方法などの検討を進めていく予定です。


 十勝毎日新聞が, 「すももかき氷登場 更別」 と伝えています。


 【更別】村の「さらべつすももの里」(村南4線)で収穫されるスモモの実を使った「かき氷」の試作品が完成した。村が昨年収穫した実を洋菓子店「お菓子のニシヤマ」(村更別南1線)の今井良幸代表(36)に提供し、約1カ月間をかけて作り上げた。ピンクの涼しげな色やさっぱりしたシロップの評判は上々で、販売方法などの検討を進めていく。

 村産業課では「これから本番を迎える夏にぴったりのスモモ商品を開発したい」との思いがあり、村内で評判の洋菓子店を営む今井代表にかき氷のシロップ開発を依頼した。

 今井代表は「自然の酸味を生かして、あっさりしたシロップを作りたい」と試作。約1キロの実を一晩砂糖漬けにし、翌日出た果汁を煮詰めてシロップにする無添加のシンプルな調理法に行き着いた。

 砂糖漬けになった実は、トッピングとしてもかき氷に花を添え、試食した人からは「スモモの実とシロップの味に変化があり、子供からお年寄りまで楽しめる。色も鮮やか」と好感触を得ている。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース
 2014年7月5日 14時14分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201407/20140705-0018739.php

b0171771_20352506.jpg

写真:更別村「さらべつすももの里」(どんぐり公園)/2012年6月撮影


[PR]