2014年 05月 25日 ( 1 )

b0171771_15520612.jpg
「本別ひまわり3000坪迷路」の会場=2011年8月撮影

 5月24日,本別町美里別東中地区で8月9~16日に開かれる「本別ひまわり3000坪迷路」に向け,主催する 本別ひまわり愛好会が種まき を実施しました。
 9回目の今年は,連作を避けるため,昨年の会場近くの畑を使い,面積は従来の1haから1.5haに広げ,今回は広さが4500坪になります。


b0171771_15054657.jpg
「ひまわり迷路」作業用トラクター=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「本別ひまわり迷路の種まき 広さ1・5倍に」 と伝えています。

 【本別】町美里別東中地区で8月9~16日に開かれる「本別ひまわり3000坪迷路」に向け,主催する本別ひまわり愛好会(背戸田利光会長)は24日,畑にヒマワリの種をまいた。


 町内の有志でつくる愛好会が,畑を使ってヒマワリ畑の迷路を作る名物イベント。9回目の今年は連作を考え,昨年の会場近くの畑を使う。面積は従来の1ヘクタールから1・5ヘクタールに広がり,今回は広さ4500坪になる。


 会場に集まった会員15人は,トラクターで畑に種と肥料をまき,会場を設営するなど準備作業に汗を流した。昨年は管内外から2万人が訪れた十勝の夏を代表するイベントの一つ。背戸田会長は「去年より面積が広いので面白い迷路ができると思う」と話していた。丈が1メートルほどに伸びる7月下旬に迷路の形にコースを作る。

-略-

(安田義教)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年05月24日12時56分の記事


[PR]