2014年 05月 17日 ( 1 )

 ソフトバンクモバイルのキャラクターで「お父さん犬」として有名な 北海道犬のカイの息子海鬼 が、「海斗」の芸名で父の役を継いでいます。
 海鬼のきょうだいで、本名が海斗の北海道犬が,現在は帯広にいます。


 十勝毎日新聞が, 「兄弟犬が“お父さん”に ソフトバンクCM」 と伝えています。


 携帯電話大手ソフトバンクモバイル(東京)のキャラクターで「お父さん犬」として有名な北海道犬のカイ(11)の息子海鬼(3)が、「海斗」の芸名で父の役を継いでいる。海鬼のきょうだいで、“本名”が海斗(3)の北海道犬は帯広にいる。市内でソフトバンクショップを経営する飼い主の飛岡抗さん(54)は「海斗と海鬼でソフトバンクのPRができれば」と話す。

  カイはソフトバンクのキャラクターとして活躍。同社広報では「お父さん犬はカイ1頭ではなく、複数の犬が演じている。カイもまだテレビCMに出演している」とし、海鬼がお父さん犬役を演じているかは「非公表」だ。

  ただ関係者によると、カイは最近は高齢もあって疲れやすくなっており、海鬼も4月ごろからCMなどに出演しているようだ。

  海斗、海鬼は2010年7月生まれ。海斗は飛岡さんがもらい受け、海鬼は千葉県内の動物タレント事務所に引き取られた。

  海斗はカイ、海鬼とそっくりの真っ白な北海道犬で、散歩中に通りすがりの歩行者から「お父さん犬だ」と声を掛けられることがたびたびある。

  引き取った当初はソフトバンク帯広中央店(帯広市西8南1)のマスコットとして、来店者と触れ合うこともあったが、3歳の成犬になった今は、同店敷地内のケージの外側から見ることができる。

  飛岡さんは「海斗にお芝居は無理だが、きょうだいでソフトバンクを盛り上げてほしい」と笑顔を見せている。(長田純一)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月14日13時36分の記事


b0171771_08061389.jpg


写真:「お父さん犬」のカイくん
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93.jpg

参考:カイくん
 カイくん(2003年10月10日 - )は、CMなどに出演するタレント犬。湘南動物プロダクション所属。
 ソフトバンクモバイルのCMで有名になり、愛称は「(白い)お父さん」。

概要[編集]
 北海道勇払郡むかわ町生まれの北海道犬で、北海道の「海」にちなんで名づけられた。好物はソーセージとロケ弁のシャケ、きゅうりである。妹にネネ、弟にポロという犬がいる。
 NHK朝の連続テレビ小説「天花」(2004年)、TBS系ドラマ「里見八犬伝」(2006年)に出演後、2007年に開始されたソフトバンクモバイルのホワイトプラン・ホワイト学割などを主に宣伝する「白戸家の人々」の広告に、ある事情で人間から白い犬に変身してしまった「お父さん」役として出演し、一躍有名となった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93


[PR]