2014年 05月 12日 ( 1 )

 5月11日,全国的に高気圧に覆われ、十勝地方は朝から晴れ間が広がって気温がぐんぐん上がり、各地で真夏並みの暑さになりました。
 午後1時までの 最高気温は帯広で29.2℃ と平年を15℃近く上回り、今季の最高を更新しました。

  ◇11日の最高気温
 帯 広 29.5℃(13:16)
 駒 場 28.8℃(13:39)
 芽 室 28.7℃(14:27)
 本 別 28.4℃(14:07)
 陸 別 28.1℃(14:58)
 帯広泉 28.1℃(14:40)  
 鹿 追 27.5℃(12:58)
 新 得 27.4℃(14:04)
 更 別 27.2℃(14:43

 
 十勝毎日新聞が, 「今季最高29度超え 各地で夏日」 と伝えています。


 【十勝】全国的に高気圧に覆われた11日、十勝地方は朝から晴れ間が広がって気温がぐんぐん上がり、各地で真夏並みの暑さになった。午後1時までの最高気温は帯広で29.2度と平年を15度近く上回り、今季の最高を更新した。

  帯広測候所によると、上空1500メートル付近に6月上旬並みの暖気が入った。各地の最高気温はこの他、音更町駒場で28.7度、芽室で28.5度、鹿追で27.5度など。管内全19観測地点中13地点で夏日になった。

  帯広では今年、早くも4回目の夏日を観測し、最高気温が30度超の「真夏日」にも迫る暑さに。市内の緑ケ丘公園には家族連れが大勢詰めかけ、子供たちが水場でびしょ濡れになりながら歓声を響かせた。

  12日の帯広は、予想最高気温26度と2日連続の夏日になる見通し。ただ、低気圧が接近する夜遅くから雨がぱらつくという。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年5月11日 13時51分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201405/20140511-0018378.php

b0171771_03092256.jpg
写真:帯広市内の緑ケ丘公園/2011年8月撮影


[PR]