2014年 05月 11日 ( 1 )

 5月1日,足寄町商工会が昨年度試作・完成させた, シカ肉を使ったソーセージとドライソーセージの販売 を道の駅など町内3カ所で始めました。

 十勝毎日新聞が, 「シカ肉ソーセージなど販売 足寄」 と伝えています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------- 【足寄】町商工会(武藤衛賢会長)が昨年度試作・完成させた,シカ肉を使ったソーセージとドライソーセージの販売が1日,道の駅など町内3カ所で始まった。

  販売は町内産食材のブランド化など各種事業を行う一般社団法人「ASHOROのMEGUMI」(斉藤健司代表)。ソーセージは1パック3本入り120グラム500円(税別)で,50パックを用意した。ドライソーセージは1本100グラム1200円(同)で30本を扱う。

  町内2カ所の道の駅と,JAあしょろの農産物等直売所「寄って美菜(よってみな)」で手に入る。商工会は「町内から徐々に販路を拡大できれば」としている。問い合わせは商工会(0156・25・2236)へ。(菊池宗矩)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年05月03日 7時28分.の記事

b0171771_8595829.jpg
写真:Aコープあしょろ店/2012年5月撮影


[PR]