2014年 05月 01日 ( 1 )

b0171771_04104296.jpg
旧国鉄広尾線「幸福駅」=2014年1月撮影

 4月26日、帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅で,ウエディングイベント 「幸福駅ハッピーセレモニー」 が開かれました。
 今シーズンの初日は1組のカップルが参加し、親族や幸福駅を訪れた観光客から祝福を受けました。

 
十勝毎日新聞が, 「幸福駅でハッピーセレモニー今季スタート」 と伝えています。


 【帯広】市内の旧国鉄広尾線幸福駅で26日午後1時から、ウエディングイベント「幸福駅ハッピーセレモニー」(帯広観光コンベンション協会主催)が開かれた。今シーズンの初日は1組のカップルが参加し、親族や同駅を訪れた観光客から祝福を受けた。

 同事業は「恋人の聖地」として思い出をつくってもらおうと2002年にスタートした。

 初日のセレモニーは、中札内村の会社員塩田敬祐さん(23)と同じく同村の会社員加奈美さん(23)夫妻が参加した。建て替えた駅舎では初のセレモニー。約50人が見守る中、2人は駅舎近くにある幸福の鐘を鳴らした。

 ウエディングドレスとタキシードに身を包んだ2人が、立会人の米沢則寿市長の前で記念証に名前とお互いへのメッセージを書き込んだ。

 同セレモニーはこれまで、2695組が行っている。今季は11月3日までの金-日曜、祝日(7月20日~8月20日は毎日)実施。参加費は2人一組3000円。

 申し込みは幸福ハッピーダイヤル(0155・67・6611)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース /2014年4月26日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201404/20140426-0018254.php


[PR]