2014年 03月 13日 ( 1 )

b0171771_64404.jpg
写真:帯広畜産大学/2014年1月撮影

 東日本大震災で津波被害を受けた宮城県農業高校に震災直後に入学し,津波から生還した「奇跡の牛」と共に酪農を学んだ 須田空流さんが今春,帯広畜産大学に入学 することになりました。

 十勝毎日新聞が, 「宮城の須田さん『奇跡の牛』に学び帯畜大へ」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 【帯広】東日本大震災で津波被害を受けた宮城県農業高校(同県名取市,白石喜久夫校長)に震災直後に入学し,津波から生還した「奇跡の牛」と共に酪農を学んだ須田空流(くうる)さん(18)が今春,帯広畜産大学に入学する。仮設校舎で勉学に励んだ3年間。生き延びた母牛から生まれた子牛を育て,全国の共進会にも出場した須田さんは「命の大切さ,人のつながりの大事さを学んだ。酪農の盛んな十勝でもっと勉強したい」と,未来への新たな一歩を楽しみにしている。

 2011年3月11日,名取市の海岸から約1キロの平野部にあった県農業高校は,高さ10メートルの津波に襲われた。学校にいた生徒や教員は屋上に逃れたが,牛舎と牛34頭は濁流に押し流された。教員が命懸けで首輪をほどいて自由にした牛は,水が引いた後に14頭が生還し,「奇跡の牛」と呼ばれた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年3月11日 13時49分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201403/20140311-0017879.php
[PR]