2014年 01月 22日 ( 1 )

 「大寒」の1月20日、十勝地方は今季一番の冷え込みになりました。
 上士幌町ぬかびら源泉郷は、最低気温が氷点下23.4度まで下がり、 糠平湖には冬の風物詩となる「キノコ氷」 もお目見えしました。

 十勝毎日新聞が, 「凍える『大寒』キノコ氷も」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【上士幌】暦の上では1年で最も寒くなる「大寒」の20日、十勝地方は上空に入った寒気と、夜間に晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象が強まり、朝方にかけて冷え込んだ。今季一番の冷え込みになった上士幌町ぬかびら源泉郷は、最低気温が氷点下23.4度まで下がり、糠平湖には冬の風物詩となる「キノコ氷」もお目見えした。

 帯広測候所によると、各地の最低気温は陸別の同25.3度が最も低く、ぬかびら源泉郷、大樹と音更町駒場(いずれも同20.9度)、中札内村上札内(同20.2度)の5地点で同20度以下になった。管内全19観測地点で平年を下回り、更別(同19.8度)、鹿追(同19.1度)、新得(同18.2度)では今季一番の寒さに。帯広は平年を2・3度下回る同16.4度まで下がった。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2014年1月20日 14時00分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201401/20140120-0017536.php

b0171771_025272.jpg
写真:大雪山国立公園に指定されている『糠平湖 』(人造湖)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Nukabira_Lake.JPG
[PR]