2014年 01月 12日 ( 2 )

 本別町歴史民俗資料館は,1月21日から3月まで、 木材の町・本別 にちなんだ所蔵品や写真パネルを展示する企画展を実施します。


 十勝毎日新聞が, 「林業の町、写真で 資料館企画 歴史たどる」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 町歴史民俗資料館(田野美妃館長)は21日から3月まで、木材の町・本別にちなんだ所蔵品や写真パネルを展示する企画展を開く。

 同町は100年ほど前、豊富な森林資源を背景に大手製紙工場が進出し、原木の中継基地として発展した。原木出荷の他にマッチ軸木や枕木、ウイスキーだる、建築材、ベニヤ製板などの製材、チップ加工が盛んで木材の町として栄えた。

 企画展ではその歴史に焦点を当てる。山から切り出した木を川に浮かべて下流に運ぶ「流送」を、当時の貴重な写真で紹介。町内にあった木工場の歴史を同資料館が所蔵する道具などとともに振り返る。のこぎりやなた、道具箱、ヘルメット、看板などを展示する。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014/01/01 1:14の記事

b0171771_5435413.jpg
写真:本別町歴史民俗資料館/2010年4月撮影
[PR]
 本別町共栄にある豆菓子製造販売の十勝豆工房岡女堂本家の従業員が設立した 新会社「豆屋とかち岡女堂本家」 が、1月1日付で事業を引き継ぎました。
 老舗の「岡女堂本家」のブランドを継承し、工場や売店を賃借して運営を続けます。

参考:「豆屋とかち 岡女堂本家」公式ページ
http://www.okamedou.com/

 十勝毎日新聞が, 「 従業員の新会社が運営 本別「岡女堂本家」」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】豆菓子製造販売の十勝豆工房岡女堂本家(町共栄)の従業員が設立した新会社が、1日付で同社の事業を引き継いだ。老舗の「岡女堂本家」のブランドを継承し、工場や売店を賃借して運営を続ける。

 新会社は「豆屋とかち岡女堂本家」で、昨年12月に設立した。十勝豆工房で工場長だった鈴木真智雄氏(53)が代表社員工場長に就任。十勝豆工房の全従業員6人を雇用する
 十勝豆工房は、阿寒グランドホテル(釧路市、大西雅之社長)のグループ企業。経営不振となった「とかち岡女堂」を2006年に買収して、鶴雅グループの一社として経営してきた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版 2014年01月10日10時51分の記事

b0171771_5173866.jpg
写真:岡女堂/2010年4月撮影
[PR]