2014年 01月 10日 ( 1 )

 1月31日~2月2日に予定されている,十勝の冬の一大イベント「第51回おびひろ氷まつり」の準備が, 例年にない雪不足で窮地 に立たされています。
 会場となる帯広市緑ケ丘公園は7日現在,地面が見えている状況で,12日の雪の搬入開始を前に,大雪像などに使用する約4000トンの雪を確保するめどが立っていません。

 十勝毎日新聞が, 「雪不足 氷まつり窮地」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【帯広】例年にない雪不足で十勝の冬の一大イベント「第51回おびひろ氷まつり」(31日~2月2日,帯広のまつり推進委員会主催)の準備が窮地に立たされている。会場となる帯広市緑ケ丘公園は7日現在,地面が見えている状況で,12日の雪の搬入開始を前に,大雪像などに使用する約4000トンの雪を確保するめどが立っていない。十分な雪が集まらなければ,雪像サイズや数の縮小も検討せざるを得ず,氷まつり実行委員会(火ノ川好信委員長)は異例の天候状態にやきもきしている。

 今回の氷まつりは,帯広農業高校をモデルにした漫画「銀の匙(さじ) Silver Spoon」をテーマにした大雪像や,長さ約30メートルの滑り台,迷路などの製作を予定。10トントラック約400台分の雪を必要としている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2014年1月7日 13時59分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201401/20140107-0017436.php
[PR]