2013年 12月 15日 ( 1 )

 本別町は、勇足元町の国道242号にある十勝バスの「勇足」バス停に、 地場産カラマツを使った待合所 を新たに作りました。

 十勝毎日新聞が, 「本別産カラマツのバス待合所完成」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】町は、町勇足元町の国道242号にある十勝バスの「勇足」バス停に、地場産カラマツを使った待合所を新たに作った。

 待合所は国道の上下線のバス停付近に2棟建設した。木造で面積は約2平方メートル。中に4人ほどが座れるベンチを入れた。正面と左右両面のガラス窓で、利用者には接近するバスが、バスの運転手には中の利用者が見えるようにした。

 材料の町有林のカラマツは、木材に熱を加えて加工しやすく素材改良する「EDS加工」を施した。事業費は約98万円。

 現在の待合所は、ふるさと銀河線の廃線に伴う代替バス運行が始まった8年前に設けた。通院のお年寄りや通学の高校生が主に利用するが、雨よけとベンチのみのため、風雨、風雪をしのげる待合所を求める声が地元から出ていた。町では「現在の待合所も残すので、季節や天候に合わせて使ってほしい」としている。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年12月04日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]