2013年 12月 07日 ( 1 )

 11月23日,鹿追町民ホールで神田日勝記念美術館主催の 親子ワークショップが開催 されました。
 51人の親子が参加し,アメリカインディアンに伝わる装飾品のドリームキャッチャーを制作しました。 

 十勝毎日新聞が, 「親子で装飾品づくり 鹿追」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【鹿追】神田日勝記念美術館主催の親子ワークショップが23日,町民ホールで行われた。51人の親子が参加してアメリカインディアンに伝わる装飾品のドリームキャッチャーを制作した。

 親子で美術に親しみ自分で工夫する楽しさや喜びを知ってもらおうと開催。同美術館で常設展を鑑賞後,8つの班に分かれて制作を開始した。町内在住の渋谷美枝さんらが講師を務め,ボランティアが協力した。

 柳の枝で作った輪に,ビーズ,ひも,毛糸などをクモの巣状に編んで制作。参加した児童は「カナダの勉強をしていて,ドリームキャッチャーは作ってみたかった。面白かった」と話していた。

 作品は12月8日まで町民ホールロビーに展示する。(古川雄介)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・鹿追めーる 2013年11月26日の記事
http://www.tokachimail.com/shikaoi/

参考:ドリームキャッチャー
 ドリームキャッチャーとは,アメリカインディアンのオジブワ族に伝わる,輪を基にした手作りの装飾品。オジブワ語ではasabikeshiinhという。
 クモの巣状の目の粗い網が組み込まれ,羽やビーズなど独特の神聖な小道具で飾られている。伝統的には柳から作られる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC_(%E8%A3%85%E9%A3%BE%E5%93%81)

b0171771_313754.jpg
写真:ドリームキャッチャー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Atrapasuenos.jpg
[PR]