2013年 11月 23日 ( 1 )

 11月11日、今年度、足寄町商工会内に設置された 町特産品再発見プロジェクトチームの第5回会議 が商工会館で開かれました。
 新たに試作した ウインナーソーセージタイプのシカ肉を試食 し、改良点を話し合い,来月に再度試食する予定です。

参考:足寄町商工会ホームページ
http://www.gyu-gyu.com/

 十勝毎日新聞が, 「シカ肉のウインナーを試作 足寄の特産品会議」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【足寄】 今年度、町商工会内に設置された町特産品再発見プロジェクトチーム(田中一郎座長)の第5回会議が11日、商工会館で開かれた。新たに試作したウインナーソーセージタイプのシカ肉を試食し、改良点を話し合った。来月に再度試食する。

 委員ら16人が出席。ウインナーソーセージタイプのシカ肉ソーセージは1パック3本入り(約120グラム)と想定し試食。冷蔵と冷凍物を用意し、味や食感、見た目について意見を交換した。委員からは「冷蔵の方がふんわりと柔らかい。おいしい」「細くして1本の量が少ない方がいい」などの意見が出た。内容量については5本入りも試作することにした。

 改良を続けるドライソーセージは1本約180グラムを想定。「ペッパー感があった方がいい」「スライスしてほしい」などの他、分量についても意見が出た。意見を参考に再度試作する。

 同チームはシカ肉などの製品を今年度完成させ、2014年度からの販売に向けて販路開拓を目指す。商品の改良、製造や販売体制などについて具体的に検討し、同商工会内の上級機関である特別委員会に報告する。製造はシカ肉の加工を手掛けるELEZO(エレゾ、帯広)が担う。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社・足寄めーる 2013年11月13日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/

b0171771_3441486.jpg
写真:エゾシカ(北海道稚内,2006年9月)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:C.n.yesoensis--modified.jpg
[PR]