2013年 11月 06日 ( 1 )

 優良な盲導犬の人工繁殖を研究している帯広畜産大学原虫病研究センターの鈴木宏志教授室では、研究用の犬4頭を 家庭で育てる「飼育ボランティア」を募集 しています。

 十勝毎日新聞が, 「盲導犬、家庭で育てて 帯畜大」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 優良な盲導犬の人工繁殖を研究している帯広畜産大学原虫病研究センターの鈴木宏志教授室では、研究用の犬4頭を家庭で育てる「飼育ボランティア」を募集している。

 同教授室は、国内の盲導犬不足を解消するため、受精卵の移植や犬の凍結精子を用いた人工授精技術で、優秀な盲導犬の繁殖拡大を目標としている。同ボランティアの募集は、動物の能力や性格は遺伝子だけではなく、育った環境が影響すると考えられることから、家庭で多くの社会経験を積ませるという狙いがあり、毎年行っている。

 対象となる4頭はラブラドルレトリバー(イエロー)で、1歳4カ月の雄と雌、生後3カ月の雌、生後2カ月の雄。飼育ボランティアの条件は、帯広近郊在住で室内飼育ができる人。犬を乗せられる自家用車を持ち、家を長時間留守にしないことも必要となる。

 飼育委託期間は2、3年で、繁殖研究用の用途を終えると、ボランティアに譲り渡す。希望者には、同教授室の担当者が飼育環境の確認などを行い、委託の可否を判断する。

 問い合わせは同教授室(0155・49・5640、Eメールmharakawa@obihiro.ac.jp)へ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2013年11月05日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201311/20131105-0017022.php

参考:ラブラドール・レトリーバー
 ラブラドール・レトリーバー(ラブラドール・レトリバー、あるいはラブラドール・リトリーバーとも。英: Labrador Retriever)は、大型犬に分類される犬種。元来、レトリバー(獲物を回収 (Retrieve) する犬)と呼ばれる狩猟犬の一種であるが、現在はその多くが家庭犬として、あるいは盲導犬や警察犬などの使役犬として飼育されている。
 ラブラドール・レトリーバーの特徴として、本来の使役用途である網にかかった魚の回収に適した、水かきのついた足があげられる。カナダ[4]、イギリス[5]で登録頭数第1位で、アメリカでも1991年以来登録頭数第1位の人気犬種である[6]。また、洞察力、作業力に優れ、オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカなど世界各国で、身体障害者補助犬、警察犬など様々な用途に最適な犬種として使役されている。ラブラドール・レトリーバーは活発で泳ぐことを好み、幼児から高齢者までよき遊び相手であるとともに保護者の役割も果たす犬種である[7]。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC

b0171771_18585566.jpg
写真:ラブラドール・レトリーバー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:YellowLabradorLooking_new.jpg
[PR]