2012年 11月 07日 ( 1 )

 11月2日,陸別町から 第54次南極地域観測隊 に参加する栄町の会社員 遠野菊夫さんの激励会 が,町内のセレモ浜田で開かれました。

 十勝毎日新聞が、 「『南極の生活楽しみたい』 観測隊参加の陸別・遠野さん」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 【陸別】第54次南極地域観測隊に参加する町栄町の会社員遠野菊夫さん(53)の激励会が2日、町内のセレモ浜田で開かれた。関係者35人が集まり、陸別から3人目の観測隊員として約4カ月間の任務に就く遠野さんの健闘を祈った。

 町しばれ技術開発研究所(しばれ研)所長で激励会発起人代表の佐藤秀昭氏は、「体調管理に留意して与えられた任務を全うしてほしい」とエール。国立極地研究所の所員や第53次観測隊に参加した空井猛壽さんからは、氷点下40度で100日間を過ごす過酷な生活とやりがいを交えた言葉が贈られた。

 席上では南極に持参するしばれ研の旗が空井から遠野さんに手渡された。遠野さんが「南極の生活を楽しみたい。体に気を付けて行ってきたい」と決意を話すと、会場は大きな拍手に包まれた。

 遠野さんは10日に成田空港を出発し、南アフリカを経由して南極に入る。勤務する石橋建設(陸別)で身に付けた重機操作など幅広い技術を生かし、来年2月まで南極のドームふじ基地で、天文観測施設の建設に携わる。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース・めーる 2012年11月03日の記事
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

b0171771_4384839.jpg
写真:南極にある日本の基地
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Antarctica_base(Japan).png
[PR]