2012年 10月 27日 ( 1 )

b0171771_75959.jpg
 10月20日,本別町の道立農業大学校で 秋恒例の「農大市」 が行われ,学生たちが作った農畜産物の直売で大勢の人が詰めかけました。
 「農大市」が終わると,十勝平野では季節が秋から冬へと向かいます。 

 十勝毎日新聞が、 「農大野菜に人だかり、本別 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】道立農業大学校(加藤和彦校長)の学生たちが作った農畜産物を直売する「農大市」が20日、町西仙美里の同校で開かれ、目当ての品を求める大勢の客が詰め掛けた。

 午前9時半の開店と同時に、漬物用や冬の食材を買い求める客でにぎわった。ジャガイモやタマネギ、ニンジンの詰め放題は、1袋100円のお得な価格とあって、コンテナの周りにはビニール袋いっぱいに野菜を詰め込む人だかりができた。

 学生は同校で育てた野菜や牛肉、チーズなどの酪畜加工品を、市況を調べて値段を付けて売った。販売係と、品物を車まで運ぶサービス係に分かれて接客した。ジャガイモとサツマイモを買った同町内の寺島光明さん(82)は「農大の野菜は安いし品質が良いのでいい」と話していた。(安田義教
-------------------------------------------------------------------------------------------------

以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年10月21日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/

上写真:北海道立農業大学校 2011年8月撮影
[PR]