2012年 07月 23日 ( 1 )

 7月22日、第4回ふるさと銀河線 りくべつ鉄道まつり が、旧銀河線の陸別駅(道の駅オーロラタウン93りくべつ)と駅前多目的広場で開かれました。
 新企画の「転車でGO! タイムトライアル」やミニSL運行など多彩な催しが行われ、好評でした。

b0171771_20581563.jpg
写真:旧銀河線の陸別駅ホーム/撮影2011年7月

 十勝毎日新聞が、 「転車台押しタイム競う」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【陸別】 「第4回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」(町観光協会主催)が22日午前10時から、旧銀河線の陸別駅(道の駅オーロラタウン93りくべつ)と駅前多目的広場で開かれた。新企画の「転車でGO! タイムトライアル」やミニSL運行など多彩な催しが行われ、親子連れや鉄道ファンでにぎわった。

 同まつりは「りくべつ鉄道」(町商工会運営)の盛り上げを目的に2009年から開かれている。

 「転車でGO!」はラッセル車(40トン)が乗った転車台(直径15・5メートル)を、2人一組でレバーを押しながら1周回すタイムを競った。転車台のあまりの重さに止まってしまうペアもおり、周囲から「頑張れ」「あと少し」と盛んな声援が送られた。オホーツク管内美幌町から参加した宇佐美津子さん(41)親子は「すごく重い。1回止まると動かない」と苦笑いを浮かべていた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース 2012年07月22日の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201207/20120722-0013098.php
[PR]