2012年 05月 26日 ( 1 )

 道の駅ステラ★ほんべつで販売している エゾシカの角が人気  をよんでいます。

 十勝毎日新聞が、 「エゾシカの角が大人気、本別道の駅」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 道の駅ステラ★ほんべつ(町北3)で販売しているエゾシカの角が人気だ。生え替わりで畑などに落ちて、農家には厄介な角だが、観光客には物珍しいよう。ほとんどが男性客で、土産やインテリア、アクセサリー作りなどに買い求める人が多い。

 エゾシカの角のコーナーは、道の駅の東側入り口付近に設けている。片方の角が500~800円、対の角は2500円で販売。長さ80センチ以上の立派な角から20センチほどの小さな物まであり、「旅の思い出に」「魔よけに」といったポップが目を引く。1日1本以上は売れて、4月は約40本になった。時期によって数に差はあるが通年で扱っている。

 出荷するのは町仙美里の酪農業小笠原愛さん(36)。飼料用にデントコーンや牧草を育てているが、厄介なのがエゾシカが畑に落としていく角。機械に巻き込むと故障の原因になるので見つけるたびに拾い集めていたが、道内の温泉地で角を売っていたことにヒントを得た。

 農作物が少ない冬場の商品として2年前に道の駅に出荷してみると、翌日に5本のうち4本が売れた。その後は、落ちていた角や知人の猟師から譲り受けた角を継続して出している。

 買い求めるのは30、40代の男性が多い。子供や友人へのお土産の他、対の角は釣りざお掛けに使い、アクセサリーや釣りのルアーに加工するために買う人がいる。シカの角をそのままに売る北海道らしさ、観光地に比べて低い価格設定が人気のようだ。

 この反応に小笠原さんもびっくり。「ここまで皆さんが欲しい物とは思わなかった。何が売れるかは分からない」と話し、道の駅職員も「角の販売コーナーからは歓声が聞こえることがある。観光客にとっては珍しいのでしょう」と話している。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年05月25日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]