2012年 05月 12日 ( 1 )

 このほど、本別町図書館に、5月30日に行われる「チャレンジデー」の対戦相手と
なる宮城県 色麻(しかま)町のコーナーが登場 しました。
 十勝毎日新聞が、 「本別チャレンジデーコーナー設置 」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 町が参加する住民参加型のスポーツイベント「チャレンジデー」(5月30日)を前に、町図書館に、対戦相手となる宮城県色麻(しかま)町のコーナーが登場した。

 チャレンジデーは人口が同規模の自治体同士が毎年5月の最終水曜日、15分以上のスポーツをしたり、体を動かした住民の参加率を競う。負けた自治体は相手の自治体の旗を1週間、掲揚台に掲げる。

 コーナーの開設は対戦相手を知り、イベントへの参加意識を高めてもらうのが狙いで、色麻町の観光パンフレットや地図などを展示した。

 色麻町は仙台市の北30キロに位置し、人口は7431人(2010年)。シソ科の一年草エゴマが特産。本別の「義経伝説」に対し、色麻は「かっぱ伝説」で知られる。同イベントには過去5回出場し、一昨年の参加率は65%だった。

 参加2回目の本別はまずは参加率50%が目標。町教委は「今年のテーマは健康づくり。勝ち負けとは別に、気楽な気持ちで参加してほしい」と呼び掛けている。(安田義教)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2012年05月01日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/


[PR]