2012年 05月 08日 ( 1 )

 4月29日、広尾町観光協会は、東京都荒川区東尾久運動場で開催された 「第26回川の手荒川まつり」に出店 し、広尾の新鮮な海の特産品を直送・販売しました。

 十勝毎日新聞が、 「広尾の海産物を荒川区でPR」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【広尾・東京】 町観光協会(立川強会長)は4月29日、東京都荒川区東尾久運動場で開催された「第26回川の手荒川まつり」(同実行委、荒川区共催)に出店し、広尾の海の幸をアピールした。

 同まつりは荒川最大のイベントで、今回も約7万人を集客している。

 町観光協会の出店は2回目で、村瀬優町長ら7人が参加。上京中だった喜多龍一道議会議長や東京広尾会の小林英男会長も応援に駆け付け、シシャモやタコ珍味など広尾自慢の海産品を販売。首都圏で品薄が続くホッケなども人気を集めた。

 同協会事務局では「広尾を東京の皆さんにアピール出来たと思う。集客力の強いイベントで、来年以降も出店を継続したい」と話していた。(長田純一)-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・広尾めーる 2012年05月04日の記事
http://www.tokachimail.com/hiroo/

b0171771_12291016.jpg
写真:「第26回川の手荒川まつり」ポスター
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/event/kanko/26th_kawanote.files/poster.pdf
[PR]