2011年 10月 28日 ( 1 )

 仙美里農村公園の 開拓記念保護樹木ハルニレ が、9月の台風で枝が折れました。b0171771_002758.jpg
 樹齢400年以上のハルニレは、以前から老齢化が心配され、修復が行われてきましたが、このほど樹木医の診断に基づき、危険防止のため 剪定を行うことを検討 しています。
 幹の周りは約5m、樹高約25mで、明治30年に農場が開かれた際に、このハルニレとイタヤカエデ5、6本が開拓記念として残されましたが、イタヤカエデは枯れ、このニレだけが残りました。

 私(ブログ作成者)の故郷・仙美里に残るハルニレは、母校・仙美里中学校の近くにすっくと立っていました。
 村の祭りでは、八幡神社で相撲大会があり、ハルニレがみんなを見守っていてくれるようでした。
 現在は、公園内に仙美里保育園パークゴルフ場・仙美里天の川コースができ、ハルニレの影響が心配されていました。
 いつもでも、残っていてほしいと願っています。
 なお、地元でハルニレは、 「アカダモ」 の名でも親しまれています。

写真:枝が折れる前のハルニレ2011年8月撮影

地図緑☆印:ハルニレのある仙美里農村公園

[PR]