2011年 10月 08日 ( 1 )

 10月1日で、 仙美里小学校は創立110年 を迎えました。
 9月30日(土)、児童や地域住民が体育館に集まり、手作りのケーキで祝いました。

 十勝毎日新聞が、 「本別・仙美里小学校が開校110年を祝う」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】仙美里小学校(佐々木修一校長、児童30人)が開校110年を迎えた。110回目の「誕生日」を翌日に控え、9月30日には児童や地域住民らが同校体育館に集合。手作りのケーキ10個に計110本のろうそくをともすなどし、学びやの節目を楽しく祝った。

 同校は1901(明治34)年10月1日、本別町簡易教育所として開校。その後、第一本別尋常小、仙美里尋常小など4度にわたり改名、学校統合も繰り返し、47年に仙美里小となった。児童数は、ピーク時の44年には356人を数えた。

 開校110年の今年度、同校ではさまざまな学校行事に記念事業を設定。開校日に合わせた今回は、児童と教職員、保護者や住民が学校の歴史と伝統を改めてかみしめようと、「110歳を祝う会」と題して企画した。

 教職員が110歳を祝う手作りのケーキ10個を用意。1個に11本ずつろうそくをともし、全員でハッピーバースデーの歌声を合わせた。10年後に開封予定のタイムカプセルも用意され、児童が思い思いの品を詰め込んだ。

 ケーキの登場に先立ち、佐々木校長から110年の歩みが紹介され、佐藤樺純さん(5年)は「110年前にできた学校が、今も続いていることがすごい」と歴史の重さをかみしめた。タイムカプセルに、友達と一緒に写った写真や教科書を納めた福田雅代さん(同)は「何を入れたか忘れてしまうかもしれないけれど、10年後に開けるのが楽しみ」と目を輝かせた。

 手作りの「誕生会」はゲームやレクリエーションで盛り上がり、佐々木校長は「子供たちが生き生きしながら学校の歴史に触れてくれた。良き母校の思い出となってほしい」と感慨深げに話した。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月02日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu
b0171771_6164167.jpg
 写真:開校110年を祝う掲示2011年8月撮影
[PR]