2011年 10月 02日 ( 2 )

 9月20日(火)、本別署などが、足寄町中足寄の国道241号で 8月、交通死亡事故が発生 したのを受け、現場で道路診断を行いました。
 この国道241号は、 川上郡弟子屈町から帯広市に至る一般国道 です。
 私(ブログ作成者)は、偶然、事故発生の翌日に本別-足寄-阿寒湖を乗用車でドライブし、事故現場を通りました。

◇ 国道240号と重複する≪釧路市阿寒湖畔、約11km≫
◇ 国道242号と重複する≪足寄町・足寄駅前~郊南1丁目交差点の約1.3km≫
◇ 国道274号と重複する≪足寄町・郊南1丁目交差点~士幌町士幌、203.7km≫


 上記の重複区間は交通量が比較的多いのですが、足寄から観光地オンネトーや阿寒湖畔をつなぐ区間は、交通量が少ないのが事実です。時折、かなりの高速で追い越していく車やバイクがありました。
 道路の環境として直線部分が多いのですが、カーブなどで対向車にあうと、ひやりとすることがありました。

 十勝毎日新聞が、 「死亡事故現場で防止策を協議 足寄で道路診断」」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【足寄】 町中足寄の国道241号で8月、交通死亡事故が発生したのを受け、本別署などは20日、現場で道路診断を行い、今後の事故防止策を協議した。

 本別署によると、事故は8月20日に国道と町道の交差点で発生。国道を右折しようとした中型トラックと、阿寒から足寄市街方向に走行してきたオートバイが衝突し、オートバイの男性が死亡した。

 診断には本別署と道警釧本交通課、帯広開発建設部足寄道路事務所、町から計6人が参加。現場は同国道の阿寒方面から見て右カーブの後で、本別署の伊藤幸治地域交通課長は「原因は特定できないが、道路の線形自体に問題はない」と説明した。

 ただ、交通量や、足寄市街方向から町道への右折車も多いことから、再発防止策として既設交差点警戒標識の同カーブ手前への移動・大型化や、対向車接近を知らせるLED表示システムか看板の設置、左右確認の看板の設置などについて検討することを確認した。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月22日の記事
http://www.tokachimail.com/ashoro/
地図 赤☆印:事故現場の中足寄 緑☆印:足寄 青☆印:阿寒湖畔

[PR]
 10月29日、道東自動車道(道東道)の 夕張−占冠間(34.5km)が開通 します。
 本別町の道の駅「ステラ★ほんべつ」を運営する NPO法人・銀河ほんべつ は、開通日に本別産の野菜を直売する「秋まつり&収穫祭」を開催する予定です。

 十勝毎日新聞が、 「夕張−占冠間開通まで1カ月 十勝一丸で情報発信」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 道東自動車道(道東道)の夕張−占冠間(34・5キロ)が開通する10月29日まで、あと1カ月に迫った。本線は舗装工事が終了、現在はレーンマークの敷設が行われ、仕上げ段階に入った。道央直結で交流人口の増加が期待される十勝側では、行政や経済・観光団体が連携して記念イベントやテレビCMの放送を計画、情報発信を強化することにしている。

 ネクスコ東日本北海道支社によると、夕張インターチェンジ(IC)−占冠IC間の8本のトンネルと20の橋梁(きょうりょう)は既に完成。現在はトンネル内に設置されたスプリンクラーや火災検知器、通信設備などの作動チェックが行われている。

 10月上旬には札幌の管制室から指令を送り、最終チェックが行われる予定。10月6日には、報道関係者に本線を公開する。

 開通を1カ月後に控え、十勝側の沿線自治体では記念イベントの準備が進んでいる。十勝西北部4町(上士幌・鹿追・清水・新得)の商工業者でつくる「十勝の4町であそぶ会」は開通の翌日の30日、清水ICに近い清水公園駐車場で各町の観光や物産PRイベントを開く。

 事務局の清水町は「札幌などで4町の良さを伝えてきた。実際に来てもらえるよう、しっかりと『お出迎え』したい」と語る。

 本別町の道の駅「ステラ★ほんべつ」を運営するNPO法人・銀河ほんべつは、開通日に本別産の野菜を直売する「秋まつり&収穫祭」を開催する。十勝観光連盟は開通前にテレビCMを流すほか、地域イベントを紹介するパンフレットを新たに製作する。

 帯広市の「おびひろ菊まつり」(10月28日〜11月3日)では、道東道開通をアピールするクイズ形式のステージイベントを開く。「うみとやまのふれあい交流」を続ける芽室町と広尾町は10月29、30の両日、千歳アウトレットモールレラで両町の物産販売と合わせて開通をPRする。十勝総合振興局はサッポロファクトリーで「とかちの魅力つたえ隊」のメンバーらが情報発信、帯広商工会議所などもイベントを検討している。

 十観連の松山豊専務理事は一連の記念行事に関し、「テープカットなどとは違い『つながった道路を有効活用しよう』という地域の気持ちが表れている。それぞれのイベントや活動を結び付けるとともに、来年以降も継続的に事業を行っていくことが重要」としている。(犬飼裕一、大谷健人)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年10月01日 の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201110/20111001-0010520.php
b0171771_491378.jpg
写真:道東自動車道(道東道)のトマムIC−占冠IC間
[PR]