2011年 09月 28日 ( 1 )

 9月20日(火)、 広尾町で開町記念式典 がおこなわれました。
 広尾町は、開町143年と、十勝管内では最も古い歴史を持ちます。

 十勝毎日新聞が、 「143年の歴史かみしめる『広尾開町記念式典』」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【広尾】 管内では最も古い歴史を持つ広尾町の開町記念式典(町主催)が20日、町児童福祉会館で開かれた。出席した約100人が143年の歴史をかみしめ、地域発展への決意を新たにした。

 町は、明治維新後に蝦夷地が北海道に改称され、十勝国に7郡51村が設置された1869年を開町の年と定めている。

 式典では広尾の開発に尽力した先人の霊に黙とうをささげた後、村瀬優町長が「3月11日の大津波では一瞬にして約10億円にも上る被害を受けたが、皆さんの努力でほぼ復旧できた。先人の労苦を忘れず、今後のまちづくりに責任を持っていく」とあいさつした。今年は町総合計画(2011~20年度)のスタートにも当たり、地域振興への決意を新たにしていた。(長田純一)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年09月24日の記事
http://www.tokachimail.com/hiroo/
[PR]