2011年 09月 03日 ( 3 )

 8月26日(金)、池田警察署など関係者が、豊頃町の国道38号で11日未明に起きた交通事故について 事故現場付近の道路診断 をしました。
 事故は、乗用車が道路を逸脱後、立木に激突し、運転していた釧路市内の男性が死亡したものです。

 十勝毎日新聞が、 「池田署などが豊頃の事故現場を道路を診断」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【豊頃】 町南町の国道38号で11日未明、乗用車が道路を逸脱後、立木に激突し、運転していた釧路市内の男性が死亡した事故で、池田署などは26日、現場付近の道路診断を行った。

 診断は池田署の秋吉裕之地域交通課長、帯広開発建設部帯広道路事務所の齊藤正利副所長、町の吉村進住民課長ら7人によって行われた。

 現場は緩い右カーブで、秋吉課長は事故について「原因は特定できないが、エアバッグは作動し、かなりの速度を出していた」と説明。過去にこの場所で大きな事故はなく、診断で目立った問題は見当たらなかった。

 ただ、事故の発生を重視し、帯広道路事務所は現場にカーブの道路標識を設置する予定。町は安全運転啓発として、事故発生をドライバーに知らせる看板と交通安全旗を設置した。(平野明)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年08月29日の記事
http://www.tokachimail.com/toyokoro/
[PR]
 8月20日(土)~21日(日)、「第31回全十勝スポーツ少年団交歓大会兼北海道スポーツ少年団交流大会十勝地区予選」に出場した 本別中央ジャンプスポーツ少年団が優勝 し、11月の全道大会への進出を決めました。
 8月22日(月)、本別町教育委員会を訪れ、中野博文教育長に優勝を報告しました。

 十勝毎日新聞が、 「『本別中央ジャンプスポーツ少年団』がV報告」 と伝えています。
--------------------------------------------------------------------------------
【本別】 バレーボールの「第31回全十勝スポーツ少年団交歓大会兼北海道スポーツ少年団交流大会十勝地区予選」(20~21日・音更町)で優勝した本別中央ジャンプスポーツ少年団(荒井主将)の団員らが22日、町教委を訪れ、中野博文教育長に喜びを伝えた。

 今季2度目の優勝で、同大会では2年ぶり2度目の栄冠。準決勝でライバルの下音更(音更)を2-1で下したチームは、決勝でも好調を維持。力強いサーブを次々と決め、士幌を2-0で封じて頂点に立った。

 この日は小学4~6年生の団員10人が町教委を訪れ、大会成績と全道大会(11月・芦別市)への出場を報告。中野教育長から「目標だった優勝を果たし、おめでとう。全道大会でも頑張って」と激励を受け、荒井主将(6年)は「全道大会では強いチームが集まるが、粘りのバレーで全国出場を目指したい」と意気込みを語った。(杉原尚勝)
--------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年08月24日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
 8月25日(木)、本別町社会福祉協議会 「陽だまりの里」で夏祭り が、仙美里地区公民館を会場に行われました。b0171771_542384.jpg
 社会福祉法人本別町社会福祉協議会による仙美里元町の「陽だまりの里」は、小規模多機能型居宅介護で、介護保険制度改正により創設された、地域密着型サービスの施設です。
 小規模多機能型居宅介護とは、平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、地域密着型サービスのひとつです。介護が必要となった高齢者(主に認知症高齢者)が、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、「通い」を中心に「訪問」「泊まり」の3つのサービス形態が一体となり、24時間切れ間なくサービスを提供できるのがその大きな特徴です。
写真:仙美里元町の「陽だまりの里」

 十勝毎日新聞が、 「本別『陽だまりの里』で夏祭り」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本別】 町仙美里の小規模多機能型居宅介護施設「陽(ひ)だまりの里」(高田初枝施設長)の夏祭りが25日、仙美里地区公民館で開かれた。

 施設利用者と地域住民らが交流する機会として、昨年から開催。職員がかき氷や綿あめなどの縁日を用意し、仙美里保育所の園児が踊りを披露した。約80人が来場。昼食ではいなりずしや豚汁に舌鼓を打ち、思い思いに催しを楽しみながら交流の輪を広げた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年08月27日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]