2011年 07月 22日 ( 1 )

 7月3日(日)、第45回青少年剣道旭川大会が、旭川市大雪アリーナで行われ、本別剣道少年団が3位に入りました。
b0171771_6411651.jpg
 今年の大会には、小学生低学年の部(105チーム出場)、小学校高学年の部(127チーム出場)、中学校男子の部(126チーム出場)、中学校女子の部39チーム出場)、合計で397チームが参加する大きな大会でした。

中学生男子の部結果
▽ 優 勝 森剣道スポ少A
▽ 準優勝 光陵中学校A(岩見沢市)
▽ 第3位 本別剣道少年団 光陵中学校B


 十勝毎日新聞が、「本別剣道少年団快挙 全道大会で3位入賞」と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】 旭川市で3日に開かれた「第45回青少年剣道旭川大会」(旭川剣道連盟主催)の中学男子団体戦で、本別剣道スポーツ少年団(鈴木清志代表)が3位に入った。全道規模の大会での入賞は1974年の発足以来初めて。府川主将(本別中3年)は「日々の稽古で積み重ねた実力を出せた」と喜んでいる。

日々の稽古 成果出せた
 同大会は、予選がないフリー参加の全道大会では最大規模。中学男子団体には道内各地の中学校や道場、少年団から計126チーム、十勝からは本別、帯広、音更の8チームが出場し、4ブロックのトーナメントで争った。

 本別剣道スポーツ少年団は5回戦まで勝ち上がり、準決勝で岩見沢市の強豪・光陵中Aと対戦。メンバー5人中、1人が一本負け、残る4人が引き分けの接戦で惜敗した。

 府川主将は「勝てる相手に負けたことが何より悔しい」と振り返るが、一方で「チームワークと実力は発揮できた。全道大会で初めて表彰台を勝ち取ることができ、うれしい」と笑顔を見せる。

 団員たちは9日に帯広市で行われた中体連十勝支部予選で優勝も果たし、弾みをつけている。府川主将は「全国大会出場をずっと目標にしてきた。全道でも優勝できるよう頑張りたい」と意欲を燃やしている。(杉原尚勝)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年07月12日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]