2011年 07月 07日 ( 1 )

 6月19日(日)、広尾町の国道236号の川見覆道(ふくどう)内でオートバイの交通死亡事故が発生しました。
 6月27日(月)、広尾署と帯広開発建設部、広尾町が、合同で 事故現場を道路診断 し、再発防止策を協議しました。
 覆道とは雪崩や落石、土砂崩れから道路を守るために作られた、トンネルに類似の形状の防護用の建造物です。
 天馬街道は、1997年(平成9年)に開通し、帯広~浦河間を結ぶ最短ルートで、この間にある野塚トンネルは、延長4,232mで北海道第2の長さになっています。 

 十勝毎日新聞が、「広尾の死亡事故現場で道路診断」と伝えています。
­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【広尾】町上トヨイ基線の国道236号(天馬街道)川見覆道内で19日に発生したオートバイの交通死亡事故を受け、広尾署と帯広開発建設部、町は27日、合同で事故現場を道路診断し、再発防止策を協議した。

 この事故では、中型バイクを運転中だった男性(20)が覆道の支柱にぶつかり、頭を強く打って死亡した。広尾署は覆道内でのハンドル操作を誤り、道路脇の縁石にタイヤが接触、支柱に激突したとみて原因を調べている。

 同覆道はS字カーブになっており、同署によると、昨年秋以降だけでも物損、人身事故が5件ほど発生している事故多発地帯。

 約10人が参加した道路診断で、同署は帯開建に「S字カーブと認識できる看板などを覆道入り口に設置できないか」と提案。帯開建も検討していく方向を確認した。(長田純一)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­以上引用:十勝毎日新聞社ニュース2011年06月29日の記事
http://www.tokachimail.com/hiroo
[PR]