2010年 06月 17日 ( 1 )

 帯広緑陽高校放送局は、「北海道映像コンテスト2010」の学生部門で最優秀賞と3位に当たる奨励賞を受賞しました。初参加した昨年の優秀賞に続き、今回はダブル受賞に輝きました。
 コンテストは、道内の映像制作会社でつくる北海道映像関連事業社協会の主催で、プロや学生など6部門に分かれ、学生部門は最優秀賞、優秀賞、奨励賞の上位3賞に同校の2作品が選ばれました。
 最優秀賞は、高校生の前に神様が現れコミカルな交流を展開する創作ドラマ「Oh my god」。今春卒業した上級生や現局長ら8人が「学生らしい自由な発想で撮ろう」と制作しました。2008年12月からの半年間にビデオテープを27時間回し、7分56秒の番組にしました。
 奨励賞を受けたのは、十勝の高齢者から沖縄戦の体験などを聞き取ったドキュメント「終わらぬ戦争 尽きぬ想(おも)い」。2年生の副局長ら4人が、上士幌町在住で旧日本兵だった満山凱丈(よしたけ)さんに2回インタビューし、7分間の作品にまとめました。
 なお、最優秀作は北海道代表として「全映協グランプリ2010」に出品されます。
[PR]