2010年 03月 26日 ( 1 )

 3月15日(火)、国土交通省が発表した2009年(暦年)航空輸送統計速報によると、とかち帯広空港の帯広−東京線(羽田)が全国の路線別旅客数で46位となり、釧路−東京(47位)を抜いたことが分かりました。釧路を抜くのは2000年以来9年ぶりです。
 国土交通省は、2009年(1-12月の暦年)の路線別国内定期航空輸送実績の旅客(上位50路線)と貨物(同30路線)を発表しました。

2009年東京-道内の路線別旅客数(国土交通省・航空輸送統計速報より)
  順位(前年)/路線/旅客数(人)/座席利用率(%)
◆ 1位(1) 東京(羽田)-新千歳/9,025,551/63.6
◆18位(21) 東京(羽田)-函館/1,039,621/65.9
◆24位(27) 東京(羽田)-旭川/935,374/64.9
◆46位(47) 東京(羽田)-帯広/490,091/59.4
◆47位(46) 東京(羽田)-釧路/477,914/58.8
◆48位(48) 東京(羽田)-女満別/451,897/61.5

 また、帯広−東京線の貨物量も24位と、前年の30位から6ランク躍進し、20位の旭川−東京に迫り、道東では最多となりました。上位30路線に道東からランクインしたのは24位の帯広だけで、前年比5.6%増の836万3684kgで、前年の30位から6つ順位を上げました。

2009年東京-道内の路線別貨物重量(国土交通省・航空輸送統計速報より)
  順位(前年)/路線/貨物重量(kg)/貨物(トンキロメートル)
◆ 1位(1) 東京(羽田)-新千歳/173,817,773/155,393,086
◆12位(11) 東京(羽田)-函館/15,328,827/12,048,460
◆20位(23) 東京(羽田)-旭川/9,198,960/9,677,305
◆24位(30) 東京(羽田)-帯広/8,363,684/8,355,321
 貨物重量には、超過手荷物及び郵便物を含まない。

国土交通省・平成21年(暦年)航空輸送統計速報URL
http://www.mlit.go.jp/common/000109852.pdf
b0171771_21144337.jpg

[PR]