鹿追マンゴー,道の駅で販売

b0171771_02083583.jpg
参考写真:マンゴー(アーウィン種の果実)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC

 鹿追町環境保全センターバイオガス施設の余剰熱を活用してハウス栽培する マンゴーの実 が実りました。
 今年は,地元周知のために本州へ出荷せず,町農村青年会のマンゴープロジェクト委員会が,「鹿追完熟マンゴー」として道の駅しかおいで,限定販売を始めました。

b0171771_05353690.jpg
鹿追町環境保全センター
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「鹿追マンゴー鈴なり バイオガス施設の余剰熱活用,道の駅で販売」 と伝えています。
 【鹿追】町環境保全センターバイオガス施設の余剰熱を活用してハウス栽培するマンゴーの実が,鈴なりに実った。今年は地元周知のために本州へ出荷せず,町農村青年会のマンゴープロジェクト委員会(植田憲明委員長)が,「鹿追完熟マンゴー」として道の駅しかおい限定で販売を始めた。

 2014年に宮崎県から苗木32本を仕入れ,同委員会と町が町環境保全センター敷地内でハウス栽培に取り組んできた。地域協力隊員の我妻里美さん(24)が管理を担当。夏は雪氷の冷熱エネルギーを用いて一定期間冷却,冬にはバイオガス発電の余剰熱を利用し,ハウス内を25度に温めながら意図的に季節を逆転させる。マンゴーの全国的な端境期に収穫し,昨年は東京都内の大手百貨店に出荷した。

-略-

(大井基寛通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月16日11時06分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-11-20 06:45 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)