本別・順心窯で秋のうつわ展

b0171771_04181944.jpg
順心窯ギャラリー
=2011年8月撮影

 11月3日本別町の青木紀子さんが主宰する陶芸の 「順心窯」の 『秋のうつわ展 が,順心窯ギャラリーで始まりました。
 順心窯は1997年に開窯され,毎年この時期,1年間の集大成として展示会を開いています。
b0171771_04173379.jpg
順心窯と青木紀子さん
=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「秋のうつわ展始まる 本別・順心窯」 と伝えています。
 【本別】陶芸の「順心窯」(青木紀子さん主宰)の「秋のうつわ展」が3日,町南2の順心窯ギャラリーで始まった。5日まで。

 順心窯は1997年に開窯。毎年この時期,1年間の集大成として展示会を開いている。青木さんは岐阜県多治見市の粘土を使い,生活陶器を中心に出品した。  教室に通う生徒5人は赤土を生かし,湯飲みやコーヒーカップ,先の細い花瓶,皿など。青木さんは「赤土を混ぜ込み,焼きしめの感じもいい」と話す。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月02日15時45分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-11-09 06:13 | 本別の風景 | Comments(0)