大森ガーデン,花の世界大会で最優秀植栽賞

b0171771_00390146.jpg
参考写真:ハウステンボス
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%B9

 ハウステンボスで開催中の「花の世界大会&ガーデニングショー」のショーガーデン部門で, 広尾町の森ガーデン が出展した庭園が 「最優秀植栽賞」を受賞 しました。 出展された全9作品中,最高賞のハウステンボス賞に次ぐ賞です。
 今回,大森ガーデンが出展したショーガーデン部門では100㎡以上のガーデンを現地に造り,出来栄えを競いました。

b0171771_00390839.jpg
大森ガーデン(広尾町)
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「広尾の大森ガーデン 花の世界大会で最優秀植栽賞」 と伝えています。
 【長崎県佐世保市】ハウステンボス(長崎県佐世保市)で開催中の「花の世界大会&ガーデニングショー」(11月5日まで)のショーガーデン部門で,広尾町の大森ガーデン(大森康雄社長)が出展した庭園が「最優秀植栽賞」を受賞した。出展された全9作品中,最高賞のハウステンボス賞に次ぐ賞で,草花を主役にした植栽が評価された。

 同大会はハウステンボスや佐世保市などで構成するガーデニングワールドカップ協議会が主催。2010年に始まり,昨年は20万人が来場するなどガーデン界の一大イベントとして知られる。世界16カ国のガーデナーらが花や庭を競う各部門があり,今回,大森ガーデンが出展したショーガーデン部門では100平方メートル以上のガーデンを現地に造り,出来栄えを競った。

-略-

 大森ガーデンは主に草花の苗を扱い,管内外のガーデンにも出荷している。花の世界大会は初出場。最高賞は田主丸緑地建設(福岡県)の小西範揚さんが受けた。ガーデンは大会の期間中,一般来場者に公開されている。


(眞尾敦)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月19日11時05分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-10-21 06:34 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)